東京マザーズ通信

妊娠・出産・育児のお役立ち情報を発信するブログ

【2018年最新版】横浜市内の出産ができる病院46を徹底的に比較しました(鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ヶ谷区・磯子区・金沢区編)

f:id:atelier-shonagon:20180522100147j:plain

こんにちは。松納言(しょうなごん)です。

 

「無痛分娩がしたい!」「上の子と一緒に宿泊したい!」、出産する病院を選ぶ基準はいろいろありますよね。そこで、今回は横浜市内18区の出産ができる病院46か所を徹底的に比較してみました。

横浜市は東京23区より出産関連施設が充実している!?

まず調べてみてわかったことは、横浜市の出産関連施設は充実しているということです。2015年前後は、産科医不足により分娩中止を余儀なくされる産婦人科もありましたが、現在は分娩を再開しているところがほとんどです。また、ここ数年で新しくオープンした産院が何か所もありました。

豪華なお祝い膳やリムジン送迎を売りにしたセレブ医院から、厚生労働省認定の周産期母子医療センターとして問題を抱えた妊婦や胎児をケアする産婦人科まで、幅広いお産に対応しています。

最近では、横浜エリアにおいて出産難民という言葉は、あまり聞かれなくなりました。しかし、人気の産院や出産できる病院の少ない地域などは、すぐに予約が埋まってしまいます。妊娠が発覚したら、できるだけ早いタイミングで分娩の予約をするなど、早め早めの行動を心がけることが大切です。

 

横浜市内で出産ができる病院は?

横浜市内の18区で分娩を受け付けている病院は、2018年現在46か所ありました。ここでは3つの地域に分類して紹介していきます。

 

沿岸部:鶴見区神奈川区、西区、中区、南区、保土ヶ谷区磯子区金沢区

内陸部:栄区、戸塚区、港南区、旭区、緑区瀬谷区泉区

市北部:青葉区都筑区港北区 

 

f:id:atelier-shonagon:20180522100209p:plain

沿岸部8区の出産ができる病院は?

沿岸部8区(鶴見区神奈川区、西区、中区、南区、保土ヶ谷区磯子区金沢区)には出産できる病院が16か所ありました。

 

鶴見区:4か所

神奈川区:1か所

西区:1か所

中区:2か所

南区:2か所

保土ヶ谷区:2か所

磯子区:2か所

金沢区:2か所

 

16か所の病院について、分娩費用・無痛分娩・立会い出産・4Dエコー・家族の宿泊の5つのポイントにそって比較していきます。

 

病院名 住所 分娩費用例 無痛分娩 立会い出産 4Dエコー 家族の宿泊
済生会横浜市東部病院 鶴見区 55万    
熊切産婦人科 鶴見区 54万      
あおいウィメンズクリニック(旧:前原ウイメンズクリニック) 鶴見区 57万    
浅川産婦人科 鶴見区 55万      
大口東総合病院 神奈川区 50万      
けいゆう病院 西区 56万    
横浜市立みなと赤十字病院 中区 50万    
医療法人回生会 ふれあい横浜ホスピタル 中区 65万    
神奈川県立こども医療センター 南区 50万        
横浜市立大学附属市民総合医療センター 南区 45万      
横浜市立市民病院 保土ヶ谷区 45万      
産和会磯産婦人科医院 保土ヶ谷区 45万  
康心会汐見台病院 磯子区 45万      
サンマタニティクリニック 磯子区 55万    
横浜市立大学付属病院 金沢区 45万      
横浜南共済病院 金沢区 55万      


※これらの情報は、公式HP・電話問い合わせ・最新の口コミ情報をもとにまとめてありますが、必ずご自身で病院に確認してください。また費用は分娩の種類(自然分娩・帝王切開・無痛分娩)や入院部屋(個室・大部屋)によって大きく変わってきます。
 

沿岸部8区の特徴は?

沿岸部8区は、市立病院や総合病院をはじめ、大規模な施設が多いのが特徴です。出産費用も45万~55万に設定しているところが多く、横浜市の中では平均的な価格帯となっています。

南区にある神奈川県立こども医療センターは、完全紹介制の産婦人科で、ハイリスク妊婦の受け入れを行っています。NICUも充実しており、出産後の赤ちゃんの手厚いサポートも可能です。このような施設は「周産期医療センター」と呼ばれています。

周産期医療とは、妊娠22週目以降の妊婦と胎児、そして出征後1か月までの赤ちゃんに関わる医療です。産科医、新生児科医、小児科医、助産師、看護師が連携して、さまざまなトラブルに対処していきます。

出産を描いた人気ドラマコウノドリでも、神奈川県立こども医療センターが撮影の舞台となっていたようです。

 

まとめ

ここでは、分娩費用・無痛分娩・立会い出産・4Dエコー・家族の宿泊の5つのポイントで比較してきましたが、産院選びでもっとも重要なのは自宅からの距離です。

 

もちろんバースプランを考えて産院選びをすることも大切ですが、出産は何が起こるかわかりません。私は陣痛から出産までが早い体質で、長男のときも次男のときも、病院について30分以内に産まれてきました。もし自宅からの距離が遠い産院を選んでいたら、車の中で出産していたかもしれません。

 

こういった経験から、車で30分以内でいける範囲の中で、理想に近い病院を見つけるのがおすすめです。病院に関する情報を集め、実際にお医者さんや助産師さんと相談しながら、安心して出産できる環境を整えていきましょう。

 

また、胎児の健やかな成長のためには葉酸が欠かせません。私も妊娠が判明してからは、積極的に葉酸を摂取しました。しかし、つわりや体調の変化で思うように栄養を摂取できないこともあるでしょう。そんなときは、妊娠期に必要な栄養をまとめて取れる

【ベルタ葉酸サプリ】 がおすすめです。安心の無添加素材で27種類ものビタミン・ミネラルが含まれている点も、大きな魅力でした。こういったサプリを上手に活用しながら、充実のマタニティライフを過ごしましょう。

 

エリア別まとめ

【2018年最新版】横浜市内の出産ができる病院46を徹底的に比較しました(全記事まとめ) - 東京マザーズ通信

【2018年最新版】横浜市内の出産ができる病院46を徹底的に比較しました(栄区、戸塚区、港南区、旭区、緑区、瀬谷区、泉区編) - 東京マザーズ通信

【2018年最新版】横浜市内の出産ができる病院46を徹底的に比較しました(青葉区、都筑区、港北区編) - 東京マザーズ通信