東京マザーズ通信

妊娠・出産・育児のお役立ち情報を発信するブログ

【0歳・2歳・乳幼児連れ】首都圏からの旅行に最適!ハワイアンズ完全攻略法

f:id:atelier-shonagon:20181107112925j:plain

こんにちは。松納言(しょうなごん)です。

 

子どもが産まれると気軽に旅行ができない?そんなことはありません。下調べをして、しっかりと準備をしていけば、親子で旅行を楽しめます。

 

ここでは、首都圏からのアクセスに便利な福島のスパリゾートハワイアンズを子連れで100%満喫する方法を紹介します。

 

旅行のタイミングは?

人が多いと、それだけで旅行の大変さは倍増します。子どもがグズグズすると、周りの人の視線も気になることでしょう。

なので、できれば平日の旅行がおすすめです。わたしたちは金曜・土曜でハワイアンズに宿泊しましたが、やはり金曜は人が少なかったです。平日に連休を取ることが難しい場合は、金曜・土曜もしくは日曜・月曜など週末とくっつけて旅行できるといいと思います。

ただ、夏休みシーズンは例外です。特に8月は曜日に関わらず混雑します。ハワイアンズは野外の施設も多いので、秋~冬にかけてが比較的空いています。クリスマス、年末年始を除いた10月~2月の平日がベストなタイミングでしょう。

 

泊まるホテルは?

スパリゾートハワイアンズには、4つの公式ホテルがあります。ホテルハワイアンズモノリスタワー、ウィルポート、クレスト館、それぞれに良さがありますが、子連れにはウィルポートをおすすめします。その理由は以下の4つです。

VIR Port(ウイルポート)|スパリゾートハワイアンズ

①プール直結

ここが一番の魅力でした。小さな子どもがいると、移動もひと苦労です。ウィルポートはホテルとプールが同じ館内にあるので、本当に便利でした!

最小限の荷物だけ持ってプール。そのあと一度部屋に戻って、おむつ替えや授乳。そして、温泉用の荷物に持ち替えて移動。といったように、客室を拠点にスムーズに過ごすことが可能です。

f:id:atelier-shonagon:20181107142325p:plain

他のホテルも、そこまで遠くないですが、客室によっては10分以上かかります。季節によっては肌寒さが感じることもあるでしょう。

さらにうれしいのがチェックアウトの時間です。ウィルポートはチェックアウトが11時と遅めに設定されています。なので二日目は、朝一番にプールで遊んで、部屋で休憩してからチェックアウトすることができました。ちなみにモノリスタワーも11時チェックアウト、ホテルハワイアンズとクレスト館は10時チェックアウトです。

②こじんまりとした食事会場

ウィルポートは公式ホテルの中でも、規模の小さなホテルです。こじんまりとした雰囲気ですが、そこが子連れにはぴったりだと感じました。

まず食事はブッフェとメインが選べる半バイキング形式でした。会場はプール近くのレストラン「ラティオ4・2・2」です。ここは全席埋まっても100人くらいの大きさでした。なので、どの席からも手軽に料理をとってこれます。大きな会場になると、何度も料理をとりにいくのがめんどくさくもなりますが、ウィルポートではそんな心配はまったくありません。

そして料理のクオリティの非常に高いです。正直あまり期待していませんでしたが、都内の高級ホテルにも劣らないおいしさでした。

③穴場の大浴場

ハワイアンズは、どこにいっても、人・人・人です。そんな中、唯一貸し切り気分を味わえる場所がありました。それがウィルポート宿泊者専用の大浴場です。

大人だけだと、物足りなさを感じるようなごくごく普通の大浴場です。けれども、子連れにとっては、こんなに伸び伸びとできる空間はありませんでした!

とくにチェックアウト後の二日目は、この大浴場に大変お世話になりました。水着の脱水機もあるので、帰り支度をするのに持って来いの穴場です。

④キャビンタイプの客室

ウィルポートの客室にはベッドがありません。代わりに無圧マットが敷かれた寝室スペースが用意されています。いわゆる布団タイプなので、子どもが落ちる心配がありません。ゆったり寛げる広さもあり、子どもも楽しそうに走り回っていました。

 

ハワイアンズ完全攻略法!

ハワイアンズを攻略するためには、どこを拠点にするかが重要なポイントです。首都圏から泊りがけで旅行する場合は、客室を拠点にするのがベストです。客室は一時間単位で延長することも可能です。

また、乳幼児連れのプール遊びは、基本的にワイワイオハナになります。おむつをつけていると、ワイワイオハナ以外の場所では遊べません。ワイワイオハナには、ベンチや小さな休憩所もあるので、そこに荷物を置いて拠点とする方法もあります。下図の矢印で示した赤枠内がワイワイオハナ周辺となります。

f:id:atelier-shonagon:20181107150657p:plain

 

 一日目

13:00 チェックイン後、客室で水着に着替える

13:30 ウォーターパークでプール遊び

15:30 ビーチシアターにてイベント参加(南国体験タイム)

16:00 水着で入る温泉(スプリングパーク、スパガーデン)へ

17:00 客室で備え付けの部屋着(アロハ・ムームー)に着替えてディナーへ

18:30 客室でまったり休憩タイム

19:30 ホテルの大浴場へ

20:30 ビーチシアターにてショー鑑賞

21:30 子ども就寝

22:00 大人だけ交互に与一(露天温泉)へ

二日目

7:30 部屋着でモーニングへ

8:50 宿泊者優先時間にウォーターパークへ

10:30 客室に戻り休憩、チェックアウト

11:00 ウォーターパークで再び水遊び

12:30 温泉大浴場パレスへ

13:30 ビーチシアターにてショー鑑賞

14:30 ホテルの大浴場にて私服に着替える

15:00 お土産ショップを巡る

 

だいたいのスケジュールはこんな感じです。すべてのゾーンを回りたかったので、かなり詰め込んで遊びました。

二日目の朝は、一般来場者よりも少しだけ早い時間に入場できます。この時間は空いているので、ウォーターパークに向かいスライダーのチケットを購入したり、ベンチを確保するのがおすすめです。

 

便利グッズは?

 ①パンフレット

ハワイアンズはとても広いので、はじめての人は高確率で迷います。またショーやイベントも随時開催されているので、できるだけ早いうちにパンフレットを手に入れましょう。パンフレットには、フロア図や公演情報が記載されています。

f:id:atelier-shonagon:20181107144807p:plain

②浮き輪

ハワイアンズ宿泊者には、首都圏から無料送迎バスが出ていたり、二日間の入場券が付いていたり、かなりお得です。その代わり、といっては何ですか細々としたところでお金がかかります。

浮き輪もウォーターパーク内でレンタル・購入できますが、結構高いです。子どものほとんどは浮き輪を使っていたので、あると便利です。

③水遊び用おむつ

これも現地で購入するより事前に買っておいた方がお得でした。

④水着

秋から冬にかけては、専門店以外でなかなか水着を購入することができませんでした。ハワイアンズでも買うことはできますが、時間を少しでも節約したい人はネットショップがおすすめです。

 

事前準備をしっかりすることで、子どもも大人もハワイアンズを楽しめるはずです。わたしも、近々もう一度遊びに行きたいと思っています。